中学受検に成功するための個別指導塾|苦手科目の克服

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

人脈が広がる高校

ステーショナリー

既に社会人の人や家庭の都合で高校を中退した人、不登校で悩んでいる人など様々な人が通っている高校があります。通信制高校といって、通常の高校生のように学校に登校せずに、通信を利用して教育を受けることができます。3年以上の在籍期間を満たして、一定の学力がある人は高校卒業資格を得ることができます。そのため、通信制高校を卒業した場合の最終学歴は「高校卒業」となります。

日本では小学校と中学校が義務教育となっていますので、千葉県の中学校を卒業後に社会に出る人もいます。しかし、社会に出た後に、「もっと勉強しておけばよかった」と後悔することもあります。そうなった人が多く通うのが通信制高校です。千葉県にもあって、全日制と定時制と並ぶ教育課程となっています。いろんな理由で高校を卒業できなかった人や進学できなかった人が通っています。そのため、年齢層は通常の高校よりも広く、中には定年後に通っている人もいます。そのため、人脈を広げることが可能となっています。千葉県で普通に生活していては、話すこともないような人と仲良くなることができるかもしれません。

通信制高校は通常の高校と違い、入学式が4月と10月にあります。千葉県でも2学期制を採用しているところが多くありますので、新入生の募集は3月〜4月と8月〜9月に募集していることが多くなっています。どちらの時期に入学するかは自由に決めることができますので、自分のスケジュールを確認して入学するといいでしょう。